会社案内company

代表あいさつ

想いをつなぐモノづくり企業を目指して

1980年の創業以来、主力であった印刷業を中心に、変動する時代のニーズに対応するため、常に新しい技術・表現手段を模索し、私たちに何ができるかを真正面から向き合い取り組んでまいりました。特にスイーツ業界に特化した包装資材の製造を始め、商品開発の企画・提案に始まり、今では店舗内のディスプレイや陳列を含めた売場作りやマーケティングにいたるまで私たちが取り扱う技術や事業領域も大きく変化してきました。
お客様の想いは様々です。お客様から受け取った想いを「カタチ」にすることが私たちの仕事であり、そこから生まれる「信頼」こそが、キッショウの価値であると信じています。キッショウの経営理念である「誠意・熱意・創意」の三意の基、今後とも「想いをつなぐモノづくり企業」を目指し社員一丸となって、キッショウらしく歩み続けます。


経営理念

印刷を通じて広く社会に貢献し、誠意・熱意・創意の三意のもと真にお客様と
全ての人々が繁栄・幸福となるよう努力する

社  訓

素直な心で衆知を集め、日々新たな好奇心を育む

社  是

至誠・創造

フィロソフィ

・チャレンジ精神をもつ

人はえてして変化を好まず、現状を守ろうとしがちです。しかし新しいことや困難なことにチャレンジせず、現状に甘んじることは、すでに退歩が始まっていることを意味します。チャレンジというのは、高い目標を設定し、現状を否定しながら常に新しいものを創り出していく事です。チャレンジという言葉は、勇ましく非常にこころよい響きをもつ言葉ですが、これには裏付けが必要です。困難に立ち向かう勇気とどんな苦労も厭わない忍耐、努力が必要なのです。自分たちには、とてもできないと言われた難しいものをつくるというチャレンジの連続が、若々しく魅力ある会社にするのです。

・ベクトルを合わせる

人間には、それぞれさまざまな考え方があります。もし社員一人ひとりがバラバラな考え方に従って行動したらどうなるでしょうか。
それぞれの人の力の方向(ベクトル)がそろわなければ、力は分散してしまい、会社全体としての力とはなりません。このことは、野球やサッカーなどの団体競技を見ればよくわかります。全員が勝利に向かって心を一つにしているチームと各人が、「個人タイトル」という目標にしか向いていないチームとでは、力の差は歴然としています。全員の力が同じ方向に結集した時、何倍もの力となって驚
くような成果を生み出します。1+1が5にも10にもなるのです。

・相手を思いやる心

私たちの心には「自分だけがよければいい」と考える利己の心と、「自分を犠牲にしても他の人を助けよう」とする利他の心があります。利己の心で判断すると、自分のことしか考えていないので、誰の協力も得られません。自分中心ですから視野も狭くなり、間違った判断をしてしまいます。一方、利他の心で判断すると「人によかれ」という心ですから、まわりの人みんなが協力してくれます。また視野も広くなるので、正しい判断ができるのです。より良い仕事をしていくためには、自分だけのことを考えて判断するのではなく、まわりの人のことを考え、思いやりに満ちた「利他の心」に立って判断をすべきです。

・顧客第一主義

従業員満足の為の、顧客満足の実践印刷の分野においては、お客様より進んだ技術や知識を持つ必要があります。進んだ技術や知識で、納期・品質・価格・新製品開発等のすべてにわたってお客様の満足を得なければなりません。お客様のニーズに対して、今までの概念をくつがえして、徹底的にチャレンジしていくという姿勢が要求されます。お客様に喜んで頂くことは商いの基本であり、そうでなければ利益を上げ続けることはできません。

・素直な心

素直な心とは、自分自身のいたらなさを認め、そこから努力するという謙虚な姿勢のことです。とかく能力のある人や気性が激しい人、我の強い人は、往々にして人の意見も聞かず、たとえ聞いても反発するものです。しかし、本当に伸びる人は、素直な心をもって人の意見をよく聞き、常に反省し、自分自身を見つめることのできる人です。そうした素直な心でいると、その人の周囲にはやはり同じような心根をもった人が集まってきて、物事がうまく運んでいくものです。自分自身にとって耳に痛い言葉こそ、本当は自分を伸ばしてくれるものであると受け止める謙虚な姿勢が必要です。

・常に創造的な仕事をする

与えられた仕事を生涯の仕事として一生懸命行うことは大切ですが、ただそれだけで良いということではありません。一生懸命取り組みながらも常にこれでいいのか、ということを毎日毎日考え、反省し、そして改善、改良していくことが大切です。決して昨日と同じことを漫然と繰り返していてはいけません。毎日の仕事の中で、「これでいいのか」ということを常に考え、同時に「なぜ」という疑
問をもち、昨日より今日、今日より明日と、仕事に対し、改善と改良を考え続けることが創造的な仕事へとつながっていきます。こうしたことの繰り返しによって素晴らしい進歩が遂げられるのです。

・売上極大に、経費極小に

経営とは非常にシンプルなもので、その基本はいかにして売上を大きくし、いかにして使う経費を小さくするかということに尽きます。利益とは、その差であって、結果として出てくるものにすぎません。したがって私たちは、いつも売上をより大きくすること、経費をより小さくすることを考えていれば良いのです。売上極大、経費極小の為の努力を、日々創意工夫をこらしながら粘り強く続けてい
くことが大切なのです。

・値決めは経営である

経営の死命を制するのは値決めです。値決めに当たっては、利幅を少なくして大量に売るのか、それとも少量であっても利幅を多くとるのか、その価格設定は無段階でいくらでもあると言えます。どれほどの利幅を取った時に、どれだけの量が売れるのか、またどれだけの利益が出るのかということを予測するのは非常に難しいことですが、自分の製品の価値を正確に認識した上で、量と利幅との積が極大値になる一点を求めることです。その点は、またお客様にとってもキッショウにとっても、共にハッピーである値でなければなりません。この一点を求めて値決めは熟慮を重ねて行わなければならないのです。